さとみの妊活別居生活

単身赴任生活と妊活の記録

妊活1ヶ月目 (2018.1)

time 2018/03/18

妊活1ヶ月目 (2018.1)

こんにちは、さとみです。

現在通院を始めてからの妊活3ヶ月になりますが、備忘録も兼ねて1ヶ月目にどういうことをしたかまとめておこうと思います。

検査

1ヶ月目は主に検査を受け、どこかに異常はないかチェックをしました。

まず血液検査でホルモン量のチェック、細菌検査、細胞診検査を受けました。
→異常なし

その時に2週間後に夫が一時帰国をすることを伝えると、

「じゃあその時に旦那さんの血液検査、精子検査もやりましょうか!」

ということでスケジュールを調整し夫と病院に行くことにしました。

両手に収まるくらいの大きさの容器を渡され、これに精子を入れて持ってきてくださいとのこと。

まさか精子を持ち歩く日が来るとは。笑

そんなことを思いましたが妊活に対しては真剣な気持ちです。笑

また、夫の一時帰国の頃にタイミングが良ければ排卵と重なるかもとの嬉しい話も聞けました。

 

夫の血液検査、精子検査

夫の血液検査では梅毒、HIVにかかっているか病気のチェックをしました。
→異常なし

その日の朝採取した精子も提出し、その日に結果が出ました。
→異常なし
 
私もこの日診察を受けましたが、せっかくタイミングが合いそうだからより確実に排卵にもってくために排卵促進剤の注射を受けることとなりました。

へその近くに注射をしたのは初めてです。

これで2日後くらいに排卵するだろうとのこと。

「まさか通院開始早々妊娠できる?!」とかなり前のめりで全力で期待しました。

 

高温期8〜12日目

高温期8日までは順調に体温が上がり、36.74℃という過去の高温期にも見たことない高い温度に浮かれていました。

しかし9日目から徐々に下がり12日目には36.27℃に。

もはや高温期じゃない、これは生理来るかーと思っていたらやはり次の日に生理が来ました。

今回は排卵促進剤のお陰でタイミングは今までになくピッタリだったと思いましたが、妊娠って奇跡だなーと改めて実感しました。

 

卵管造影検査

1ヶ月後に夫と1週間程一緒にいることを先生に伝えると、そこでもタイミングが合いそうとのこと!

そこで卵管造影検査をすることを勧められました。

「卵管造影検査を行えばその後の3ヶ月間は子どもが出来やすいんだよ。」と。

そりゃ受けるしかないな!ということで早速予約を取りました。

私の病院では平日の決まった曜日・決まった時間でしか卵管造影検査を受けれなかったので、半休を使うしかなかったです。

働きながらの妊活はなかなか大変かもしれないと感じました。

それにしても2ヶ月連続でタイミングが合うとはかつてない出来事。

ここでしっかり卵管造影検査を受けてチャンスを有効活用しないと!

卵管造影検査の結果は特に問題なしでした。

それにしても激痛の検査だった。

人生でこんなに痛いこと多分なかったってくらい痛かったです。
(人によっては全く痛くない人もいるとか。いいなー。)

卵管造影検査の体験談については以下の記事により詳しく書かせてもらっています。

卵管造影検査の体験談

これで一通りの検査が終わったのかなと思います。

全てにおいて特に問題はなかったので、私たち夫婦の場合はタイミング次第なのかなと思っています。

でもそのタイミングを合わせるのが難しい状況なので、とりあえずは前向きに頑張ろうと思います。

最後までお読み頂きありがとうございます!

ランキングに参加しておりますので、よろしければポチッとお願いします♡

応援ありがとうございます。
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキング

down

コメントする




自己紹介

自己紹介

さとみ

さとみ

結婚してすぐ夫の海外赴任が決まり別居生活3年目。そろそろ妊活も頑張りたい29歳のOLです。 [詳細]

ブログランキングを見る

ブログランキングに参加しております。
よろしければポチッとお願いします♡

赤ちゃん待ちランキングへ

単身赴任ランキングへ
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 遠距離夫婦へ
にほんブログ村

現在のランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村



このサイトについて

単身赴任により別居中の方や妊活中の方と交流できたら良いなと思っています。