さとみの妊活別居生活

単身赴任生活と妊活の記録

ピロリ菌と不妊の関係

time 2018/05/21

ピロリ菌と不妊の関係

おはようございます、さとみです。

妊活の勉強のために色々調べてみたりツイッターで色んな方々のお話を参考にさせてもらったりしているのですが、とても興味深い記事を見つけました。

それは、ピロリ菌と不妊に関する記事です。

ピロリ菌と言えば胃に関連する病気の原因となる菌というイメージでしたし、世間一般のイメージもそのようなものだと思います。

実は私自身も健康診断で最近ピロリ菌を持っていることが分かり、除菌したばかりでした。

ピロリ菌を放置しておくと胃がんを引き起こすこともあるので、それが恐くて除菌をしました。

それがまさか不妊と関係があるとは。。。

最近では様々な論文でピロリ菌と不妊の関係について発表されているようです。

不妊症の女性のピロリ菌保有率

2002年の研究で血中のピロリ菌抗体検査を行ったところ、不妊症ではない女性でピロリ菌に感染している人の割合は29.7%なのに対し、不妊症の女性ではピロリ菌に感染している人の割合は44.8%という結果が出ています。

不妊症の人の方が不妊症じゃない人に比べて約15%もピロリ菌を持っているということです。

これだけ違うなら関係がありそうですよね。

 

ピロリ菌とPCOS

2009年には、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)に対するピロリ菌保有率についての研究結果が発表されています。

それによると、ピロリ菌IgG抗体陽性例が対照群では20%なのに対し、PCOS群では40%であるということです。

PCOS群の方が20%も高いのです。

私自信PCOS気味なので、もしかしたらピロリ菌と関係あるのかもしれません。

 

ピロリ菌と男性不妊

男性不妊とピロリ菌の関係があることも発表されています。

男性では、不妊症ではない男性でピロリ菌に感染している人の割合は36.1%なのに対し、男性不妊でピロリ菌抗体陽性の人の割合は50.8%という結果が出ています。

約15%も男性不妊の人の方がピロリ菌抗体陽性の人が多いのです。

ピロリ菌に感染していると、精子の運動性、生存率、正常な形状の精子数が低下してしまうようです。

女性だけでなく男性の感染でも深刻な影響があることが分かります。

 

ピロリ菌の除菌体験談

先に書いたように、私自身も健康診断でピロリ菌に感染していることが分かり、最近除菌をしました。

健康診断のオプションで胃がん検査というものがあり、採血のついでに調べてくれるということだったので調べてもらうことにしました。

3000円とオプションにしては安かったので、何気ない気持ちで受けてみました。

ピロリ菌は主に親からもらう場合が多いとのことでしたので、私の場合は両親ともにピロリ菌は持っていないので、自分も持っている訳ないという気持ちでした。

しかし結果は陽性。両親ともに陰性なのに何故?!とかなり驚きました。

考えられる原因としては、海外で感染したのかなということ。

インド、インドネシアが怪しいかなとなんとなく感じています。

 

ピロリ菌陽性との結果が出たので、病院に行き胃カメラで胃の様子を確認します。

確認してみたところピロリ菌患者の割には胃がかなり綺麗とのこと。

実際自分で見てみても普通の人と変わらないのでは?と思うくらい綺麗でした。

なので感染してからまだ日が浅いのかな?と思うと、インドネシアが怪しい気がします。

インドネシアではバスタブに入れた水が茶色かったし、何となくその頃から胃の調子が悪いと思っていたから。笑

胃カメラで胃の様子を確認し特に問題がなさそうだったので、除菌の薬を渡されます。

これを1週間朝昼晩欠かさずに飲んで、1ヶ月半後に呼気を検査しピロリ菌が検出されなければ除菌完了です。

私は幸い1次除菌で除菌が完了しましたが、薬の効き方が半端なくて相当辛い1週間でした。

まず3日目あたりから壮絶な腹痛に見舞われる。

吐き気も出てくる。夜には熱が出る。

4日目に耐えかねて病院に行き、腹痛用に薬を出してもらいました。

ちなみにここまで副作用が出る人は滅多にいないらしいです。笑

 

1次除菌完了後の呼気検査でピロリ菌がまだ検出されれば2次除菌に移ります。

2次除菌まで行かなかったので詳しくは分かりませんが、また除菌の薬を1週間飲むことになるようです。

2次除菌までは保険適用ですが、3次からは保険適用範囲外らしいです。

 

ピロリ菌とピロリ菌抗体

ピロリ菌に感染しているのとピロリ菌抗体を持っているというのは同じではありません。

ピロリ菌を除菌してもピロリ菌抗体は陽性となることがありますが、ピロリ菌抗体は永久後退ではなく、除菌すれば徐々に低下するもののようです。

しかし、中にはピロリ菌除菌から5年たってもピロリ菌抗体が陽性の人もいるようです。

そうなると除菌したからと言ってすぐにピロリ菌の不妊への影響を受けなくなるという訳ではないのかもしれません。

 

まとめ

ピロリ菌と不妊症の直接的な因果関係はまだわかってない部分も多いようですが、ピロリ菌保菌者に妊娠しにくい人が多いことは判明しています。

原因不明不妊の人の中には実はピロリ菌が影響しているという場合もあるかもしれませんね。

私自身両親以外のルートでピロリ菌に感染していたので、両親がピロリ菌を持っていないからと言って安心は出来ないです。

原因不明不妊の人は一度検査をしてみるのもいいのではないかと思います。

 

最後までお読み頂きありがとうございます!

ランキングに参加しておりますので、よろしければポチッとお願いします♡

応援ありがとうございます。
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキング

down

コメントする




自己紹介

自己紹介

さとみ

さとみ

結婚してすぐ夫の海外赴任が決まり別居生活3年目。そろそろ妊活も頑張りたい29歳のOLです。 [詳細]

ブログランキングを見る

ブログランキングに参加しております。
よろしければポチッとお願いします♡

赤ちゃん待ちランキングへ

単身赴任ランキングへ
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 遠距離夫婦へ
にほんブログ村

現在のランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村



このサイトについて

単身赴任により別居中の方や妊活中の方と交流できたら良いなと思っています。